歯科医も厳しい時代になりました。


by wy87rkl54t

花粉症・アトピー根本治療に道 筑波大、抑制分子を発見(産経新聞)

 花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎など、すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満細胞から発見した、と筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが6日付の米科学雑誌ネイチャーイムノロジー電子版に発表した。

 アレルギー反応は、花粉やダニなどの抗原と、免疫細胞が作るIgE抗体が、肥満細胞に作用してヒスタミンなどの物質を血中に放出し、炎症やかゆみを起こす症状。

 これまでアレルギーに対してはヒスタミンの働きを抑える薬剤を中心に治療が行われてきたが、対症療法だったため効果も限定的で、より根本的な治療法の開発が望まれていた。

 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスより強い反応を示した。詳細な解析により、アラジン1は肥満細胞からヒスタミンなどの放出を抑制する分子であることが分かった。

 渋谷教授は「アラジン1の働きを強める薬剤を開発することで、すべてのアレルギーの根本的な治療が可能になる」と話している。

 臨床試験が進めば数年後の実用化が期待できるという。

【関連記事】
病原体侵入を警告タンパク質 阪大発見、がん治療に期待
海外ではことわざにも りんごで健康のわけ
スギ花粉症を引き金に起こるアレルギー連鎖「多重花粉症」
アトピー薬「プロトピック」使用後にがんの発症を報告 米国
梅雨前掃除 風通しよくしてカビ防止 洗剤の使い方に注意と工夫
「はやぶさ」帰還へ

<菅首相会見>その4「官僚の力も使って政策を進めていく」(毎日新聞)
不正乗車、新たに社員80人=IC券問題、調査で判明―JR東海(時事通信)
「クリーンな政治」実現できるか 菅氏の手腕に注目(産経新聞)
苦情対応で相談窓口を設置―支払基金(医療介護CBニュース)
<乗用車転落>3人死亡 千葉・成田(毎日新聞)
[PR]
by wy87rkl54t | 2010-06-11 21:24