歯科医も厳しい時代になりました。


by wy87rkl54t

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 20日午後5時ごろ、福岡県大木町絵下古賀、無職、川上二六(にろく)さん(69)が自宅前で撃たれたと、妻から110番があった。

 県警大川署によると、川上さんは元警察官。けん銃で足を撃たれたもよう。意識があり命に別条はないという。容疑者は逃走し、殺人未遂事件として捜査している。

【関連ニュース】
殺人未遂:男性2人刺される 容疑者逮捕 東大阪
警察署内発砲:傷害の容疑者、銃奪い 警官1人重傷 東京
殺人未遂:男子高校生刺した容疑 56歳の男を逮捕 徳島
男子高校生:後ろから背中刺される 徳島・JR阿波池田駅
殺人未遂容疑:仙台育英高の留学生逮捕 生徒刺す

普天間陸上案「正式打診せず」=鳩山首相(時事通信)
<詐欺容疑>元専大付高校長を逮捕 警視庁(毎日新聞)
JR信号替わらず1.3万人影響 東海道線・米原駅(産経新聞)
「エヴァ」限定携帯、競売で詐取の夫婦逮捕(産経新聞)
海岸にダイオウイカ漂着=最大級の無脊椎動物−新潟(時事通信)
[PR]
by wy87rkl54t | 2010-02-27 17:45
 国公立大2次試験の前期日程が25日、始まった。この日は国立81大学360学部、公立68大学142学部で試験がある。公立大の一部が実施する中期日程は3月8日以降で、後期日程は同12日から。

 2次試験全体の志願者は前年度より1万4260人多い48万9280人。前年度を上回ったのは7年ぶり。募集人員に対する志願倍率は前年度比0.1ポイント増の4.9倍。このうち前期日程は152大学520学部の募集人員7万8142人に対し26万1289人が志願しており、倍率は3.3倍(前年度比0.1ポイント増)。不景気を反映した地元志向から、公立大の志願倍率が前年度より0.3ポイント増え、6.7倍となった。【本橋和夫】

【関連ニュース】
国公立大入試:確定倍率は4.9倍 7年ぶり志願者増
明治大:志願者数日本一に 早大のV12阻止
立教大:理学部入試でミス
国公立大2次試験:志願倍率は4.7倍 出願締め切る
国公立大2次試験:志願倍率1.0倍…中間集計

<スカイネット>旅客機3機を点検せず運航 厳重注意に(毎日新聞)
<R−1ぐらんぷり>あべこうじ優勝 最多3539人参加(毎日新聞)
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り−公取委(時事通信)
厚労元係長「自分一人で全部実行」 村木元局長の指示を否定(産経新聞)
<雑記帳>盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)
[PR]
by wy87rkl54t | 2010-02-26 07:20
 北沢俊美防衛相は20日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、月内に政府・与党の検討委員会で候補案をリストアップし、米側や地元自治体との協議に入るべきだとの考えを明らかにした。山口県岩国市内で記者団に語った。
 北沢氏は「検討委として2月中にまとめてほしい。案は複数でもいい。それを公表するかどうかは分からないが、米側や地元自治体、沖縄と擦り合わせてほしい」と強調。「そうしないと5月末までに解決しない」と述べた。さらに、検討委への提示が遅れている社民、国民新両党の案も、米側などとの交渉の対象になるとの認識も示した。
 北沢氏によると、こうした考えを、検討委委員長の平野博文官房長官に伝えており、平野氏は「努力したい」と答えたという。 

【関連ニュース】
小政党「おとなしくして」=福島、亀井氏に不快感
海兵隊グアム移転、期限延長検討を=「普天間」は行き詰まり
普天間、県内移設に傾く=沖縄は不信感、決着見通せず
普天間移設「ベストを探す」=鳩山首相
普天間、県内移設の可能性示唆=沖縄知事と会談

早大OBら、起訴内容認める=株価操縦事件−東京地裁(時事通信)
知事選敗北「政治とカネの影響」=鳩山首相(時事通信)
吉村参院議員が国民新入り=地元・福岡で表明(時事通信)
<相武紗季さん>運転中追突事故 東京・品川で(毎日新聞)
<漫画ミュージアム>北九州で開館へ 売上高30億円見込む(毎日新聞)
[PR]
by wy87rkl54t | 2010-02-25 01:45
 郵便不正事件に絡み、偽の障害者団体証明書を発行したとして虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の公判が17日、大阪地裁であった。

 自称障害者団体「凛(りん)の会」元会長・倉沢邦夫被告(74)とともに、民主党の石井一参院議員(75)に証明書発行の口添えを依頼したとされる元会員(67)が証人出廷し、「石井議員の事務所に行った記憶はない。供述調書は検事の作文」などと述べた。「事実と違う」と主張しても、机をたたかれたとも証言。検察側の取り調べを批判した。

 検察側主張では、元会員は2004年2月下旬、倉沢被告とともに議員会館に石井議員を訪ね、証明書発行について口添えを依頼。石井議員は「厚労省に知り合いがいるから電話しておく」と応じ、村木被告の上司だった塩田幸雄・元障害保健福祉部長(58)に電話で依頼したとされる。

 倉沢被告も公判で、元会員と一緒に石井議員を訪ねた、と証言した。

 ところが、元会員は「石井議員の事務所に行った記憶は全くなく、その時の映像が(頭に)出てこない」と証言。調書にある石井議員とのやりとりについても「取り調べ検事に『作文だ』と言ったが、認めてもらえなかった」と語った。

 取り調べ状況について、元会員は「『記憶がない』と説明しても、検事から『いや、そうじゃない。事実はこうなんだ』と言われ、押しつけられた」と説明。「(検事が)声を荒らげたり、机をたたいたりすることが脅迫というなら、脅迫はあった」と言い切った。

死亡ひき逃げ過去最少=大阪、愛知で大幅減−「大したことない」と逃走増加・警察庁(時事通信)
民主有志、政調復活を要望=小沢氏は否定的(時事通信)
行政刷新「まず内閣府から」=枝野担当相(時事通信)
<雑記帳>福岡で“逆”就職説明会(毎日新聞)
鳩山首相、政界引退後「農業やりたい」(産経新聞)
[PR]
by wy87rkl54t | 2010-02-23 21:22