歯科医も厳しい時代になりました。


by wy87rkl54t

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 原口一博総務相は25日午前の閣議後会見で、行政刷新会議が21日の事業仕分けで宝くじ関連法人への天下りや高額報酬を指摘し、改善されるまで宝くじの発行停止を求めたことについて、「しっかりと改善し、宝くじをやめるなんてことにならないよう全力を挙げて改革に取り組む」と述べた。

 原口氏は、天下り廃止や事業の効率化に取り組む考えを表明。「国民は大変楽しみにしている。地方にとっても大変な財源。指摘されたところを精査して、早急に(改革する)」と述べた。【笈田直樹】

【関連ニュース】
<関連記事>事業仕分け:無駄改善できるまで宝くじ「発売禁止を」
<関連記事>宝くじ:収益が天下り法人に 年360億円超
<関連記事>ドリームジャンボ:発売始まる 銀座では300人が列
<関連記事>ドリームジャンボ:発売 名古屋駅前には100人が列
<特集>見逃してませんか? 宝くじ当選番号

<皇室>皇太子さまスウェーデン訪問へ 雅子さまは同行せず(毎日新聞)
「ぜいたくしたい」生活保護通院費120万不正受給(読売新聞)
<自然保護>動物の着ぐるみ姿でパレード 大阪(毎日新聞)
蜃気楼 富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
民主・玄葉氏ら26日に“財政規律派”結成へ 小沢氏に対抗(産経新聞)
[PR]
by wy87rkl54t | 2010-05-26 19:36
 千葉県警八千代署が6日に捕獲したものの、8日に署内から逃げ出した「クジャク騒動」が新展開を見せた。10日午前、八千代市内で再び発見し保護したが、飼い主を名乗る会社社長が2人登場。同署は、現状ではどちらが所有者かを確定できておらず、両者が保有する映像を見比べる「ビデオ判定」を11日以降に行うことになった。

 八千代署によると、10日午前6時50分頃、八千代市内のビニールハウスに入り込んだクジャク(オス)を近所の住民男性が発見。通報を受けた同署署員が網で捕獲した。

 その後、署内で正式に捕獲を発表。さらに、前日の9日夜に「飼っていたクジャクが逃げた」と同署に連絡してきた茨城県神栖市の男性に確認を求め、羽の模様などから男性が所有者と判明したとも説明した。

 めでたしめでたし…と思われた事態は、約3時間後に急転。八千代市内の男性が「飼っていたクジャクに逃げられた」と名乗り出たからだ。これを受け、同署は当初の発表をいったん撤回し、所有者を慎重に確認することにした。5日間にわたる「クジャク騒動」がようやく収束したと思った署員たちは、予期せぬ展開に「ほかにまだいるのか…」と困惑している。

 偶然にも、男性2人は会社の社長同士。同署が事情を聞いたところ、神栖市の男性は「4月30日頃に、飼っていたインドクジャク3羽のうち2羽が逃げた。オスとメスがいなくなっている。(捕獲された1羽は)ウチのに似ている」と話している。

 一方、八千代市の男性は「4羽のクジャクを飼っているが、5月3日か4日に2羽が逃げた。すぐに1羽は見つかったが、オスの1羽の行方が分からなくなった」と説明。9日昼の時点で会社の従業員が「ウチの社長のクジャクがいなくなった」と同署に相談していたが、社長同士で混同してしまったのか、署が把握していたのは神栖市の男性のみだった。

 男性2人はクジャクの捕獲後、すぐに八千代署を訪れて対面。クジャクを前に「どちらのなんでしょうねえ」と穏やかに語り合っているという。

 八千代署は、距離の問題から八千代市の男性が所有者である可能性が高いと見ている。が、決定的な証拠とはいえないため、逃げる前に両者が撮影した映像などを見比べる「ビデオ判定」を11日以降に行い、所有者を決める予定だ。

小沢氏、聴取応じる意向 「陸山会」政治資金規正法違反、元秘書3人も(産経新聞)
睡眠導入剤成分を検出=袋詰め遺体から―大阪府警(時事通信)
男性2人が心肺停止=いずれも刺し傷、軽傷も1人―大阪(時事通信)
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明(産経新聞)
鳩山首相が「6月以降も努力」と5月末決着断念を表明 普天間移設問題で(産経新聞)
[PR]
by wy87rkl54t | 2010-05-17 15:39
 05年の愛・地球博(愛知万博)に全185日間通い続けた愛知県瀬戸市の主婦、山田外美代(とみよ)さん(61)が、1日に開幕する上海万博でも「184日間皆勤」を目指している。4カ月前から上海で暮らし、地元紙が「万博大使」に任命。上海で「万博スーパーおばあちゃん」として有名になった山田さんは、「愛知万博の理念を上海につなげたい」と開幕を待ちわびている。【稲垣衆史、上海・鈴木玲子】

 愛知万博で外国人スタッフとの交流など日々新たな楽しみを発見し、万博のとりこになった山田さんは「環境を重視した愛知の理念は上海に継承されるはず。上海の未来像を見てみたい」と上海行きを決意。05年11月から上海を18回訪れ、昨年4月には万博事務局から日本発売の第1号入場券を贈られた。昨年11月には万博会場をのぞむマンションを借り、生活拠点を上海に移した。中学教諭を退職した次男の和弘さん(37)、定年退職した夫の鐘敏さん(60)も上海入りするという「万博一家」だ。

 山田さんは開幕前から会場内をくまなく歩き、各パビリオンをチェック。担当者に特徴を聞き、オリジナル地図を作製するなど余念がない。ボランティアガイドとして、パビリオンの効率的な回り方など自ら発見した「裏技」を日本人らに伝授するつもりだ。

 中国メディアからは連日のように取材を受け、上海では「万博スーパーおばあちゃん」として知られる。各館担当者は山田さんの顔を見ただけで「万博大使が来た」と出迎えるほどだ。

 4月には有力紙「新聞晨報」の取材を瀬戸市で受け、収集した約1万7000点の愛知万博グッズや、愛・地球博記念館(長久手町)に展示してきた170点の上海万博関連グッズを披露した。

 同紙の董韵怡記者(30)は「万博成功のためには経験者の協力が必要だ。山田さんの経験は中国の人々にも参考になる」と話した。山田さんは期間中、別の現地紙に連日、コラムを書く予定。「来場者の希望にあった参観コースを提案し、祭典を楽しみたい」と話している。

【関連ニュース】
上海万博:威信かけ、出番待つ 各国首脳が出席 1日開幕
上海万博:大阪のたこ焼き、日本産業館に出店へ
上海万博:「日本産業館」をリハーサル公開
SMAP:上海万博で「ファンの集い」 初の海外公演
上海万博:市民40万人を動員した大規模リハーサル実施

<石綿>中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初(毎日新聞)
治安不安定なウガンダ北部で医療支援 大阪の外科医ら2人派遣(産経新聞)
「地下鉄のマサ」現行犯で逮捕 酔っぱらい狙いのスリ(産経新聞)
<拉致問題>関係府省連絡会議が初会合 協力体制を確認(毎日新聞)
大型連休の外遊 閣僚の半数以上が「不在」(産経新聞)
[PR]
by wy87rkl54t | 2010-05-01 02:23